ちゃんたの色々語るブログ

何かと語ります

【24 -TWENTY FOUR-】 全シーズン個人的評価

ハローちゃんたです。

今回はつい最近全シーズンを見終わった24を個人的にランキング付けでレビューしていきます。

24とはなんぞやと言うと、アメリカのFOXが制作したテロリストと主人公ジャックバウアーが戦っていくドラマですね。1話で一日の1時間が進むような話の作り方になっており、シーズン1つで全24話。これが8シーズンと12話だけのリブアナザーデイ(シーズン9)の構成となっていることから各シーズンが「DAY○」なんて呼ばれることがあります。

各シーズンで主人公の状況や敵対するテロリストの違い、更にメイン登場人物が続々と死んでいくことでマンネリ化が少なく何シーズン見ても映画のような緊迫があり個人的にはすごく好きなドラマです。

今回はレビューするに当たってなるべくネタバレ避けになるような紹介をしていくつもりですが、やむを得ず話の重要な点を紹介せねばならない場合もあるのでご了承ください。

 

【9位】シーズン6

f:id:tentomushi0831:20190707204449j:plain

つまんなかった訳ではないですが、消去法でこれかなと。

シーズン5の最後で中国工作員に捕まって北京の収容施設にブチこまれアメリカの情報を吐かせるために拷問されたジャックが、中東系テロリストの要求でアメリカに帰ってきてからなんとか、そのテロリストから逃れたところでテロリストや繋がっているロシア政府の人間、中国工作員と繋がっている自分の父親と戦うシーズンでしたね。

それなりに盛り上がるシーンはあれど、なんか目新しさのなかった割には散々爆弾や生物兵器を止めるために戦ってたこのドラマなのに、アメリカの中でスーツケース型核爆弾が爆発したり、シーズン2で爆破されたりシーズン5で毒ガス撒かれたようなCTUが下水から中国の工作員に攻め入れられたりとツッコミどころが多かったです。いや、セキュリティガバガバすぎへん?

ちなみにこれが原因なのか、シーズン7になるとCTUが解体されるようになります。

 

【8位】リブ・アナザー・デイ(シーズン9)

f:id:tentomushi0831:20190707205130j:plain

シーズン8でロシア政府の人間を殺しまくって指名手配にされたジャックがクロエ(CTUの同僚。シーズン3の箇所で解説)を助けるためにロンドンでわざと捕まったところから話が始まって、ロンドン訪問中のアメリカの大統領(ジャックの元カノのパパ)が中東系テロリストが乗っ取ったドローンのような無人機で攻撃されるのを阻止する話でした。

コレは完全に尺が足りてなかったですね。クロエが国を裏切るようになった理由も唐突すぎる理由でしたし。終わり方もクロエが人質にされた所をジャックが自分と交換することでロシアに身柄を引き渡してエンドって感じのまま全然続編の話も上がらないってことで個人的にあまり印象が良くないです。

 

【7位】シーズン3

f:id:tentomushi0831:20190707205640j:plain

キム(ジャックの娘。シーズン1の箇所で紹介)がCTUに就職するようになり、メキシカンマフィアとなんやかんやあってから元MI6がアメリカに生物兵器テロで報復しようとするのを阻止する話でしたね。

これもおもしろく無い訳ではないんですが、なんか盛り上がりに欠けるなと。その割には生物兵器テロ使用されたホテルの人たちの描写が結構エグイです。

キムの新しい彼氏でジャックの相方を務めるチェイスが悪くない登場人物なんですが、ジャックと揉めてばっかりでウザく感じてくることが多かったです。登場人物で言うとウェイン(大統領の弟)が不倫やってなんやかんやあってデイビット(シーズン2、3の大統領。シーズン1の箇所で解説)が大統領をやめなければならなかったり、せっかく捕まえた元MI6のテロリストを生物兵器で死んだCTU職員の奥さんが殺しちゃったりと、見ていて「何やってんだこいつら」と思うことが多かったです。

一応このシーズンからジャックの次くらいに24によく出演するようになる分析班のクロエが出てくるようになる事はこのシーズンの利点と言えますが。

 

【6位】ファイナルシーズン(シーズン9)

f:id:tentomushi0831:20190707210645j:plain

孫(キムの娘)が生まれてからキムの家族と一緒に暮らしていたジャックの元に昔の情報通がやってきて、アメリカ訪問中のカミスタン(架空の中東系の国)大統領が暗殺される計画を知った後に新しいニューヨークのCTUに協力するようになるけども、このシーズンになって仲良くなったルネ(元FBI。シーズン7の箇所で解説)がロシア政府に殺された事でジャックが復讐に走るようになるシーズンです。

終盤は怒濤のおもしろさでしたが、まぁジャックとしてはなんか復讐に走るだけで行動するのがどうなのかなぁと。シーズン7があったのにも関わらず。あとは、このシーズンに登場する職員のややこしい話がながったるくて中盤だれてた気がします。

 

【5位】シーズン5

f:id:tentomushi0831:20190707211500j:plain

シーズン4で中国領事館に襲撃したのがバレたジャックを死んだ扱いにして逃がした所、それを知っているメンバーの内デイビットとミッシェル(ジャックの元同僚。シーズン2の箇所で解説)が殺され、クロエ殺されそうになった所をロスに帰ってきたジャックに助けて貰い、そこからこれがローガン大統領が関わっていることを知った事でなんとかして大統領の陰謀を暴こうとするシーズンでした。

このシーズンは本当によくメインメンバーが死にまくってましたね。トニー(ジャックの元同僚でミッシェルと結婚してた。シーズン1の箇所で解説)もこのシーズンで死んだのかと思いましたし。

大統領を打ち倒すシーンが「あぁ、もう八方ふさがりだけど、これからどうするんだろう?」と思いながら、そこは「流石ジャック」と言いたくなるようなオチでした。

あと、24話の締めがキムからの電話と騙されたジャックが中国工作員に捕まって貨物船で連れて行かれるエンドだったのも、次のシーズンが気になるような引き込まれる終わり方なのがよかったです。

 

【4位】シーズン1

f:id:tentomushi0831:20190707212246j:plain

まだ番組の方向性が決まってなかったからか、この写真とてもテロリストと戦うようなドラマに見えないのがおもしろいですね。

初の黒人大統領になるデイビットが暗殺されるのを知り、なんとか阻止しようとするが、妻のテリーと娘のキムが人質に取られながらなんとか敵組織を壊滅させるのも、本当はジャックに復讐しようとしてたマフィアが仕組んでいたってのが特におもしろかったシーズンです。しかもそのマフィアとメインのキャストが繋がっていたというオチが本当におもしろかったです。

このシーズンからシーズン7まで登場するトニーが出演するようになりますね。最初はジャックと仲が悪かったですが。

 

【3位】シーズン2

f:id:tentomushi0831:20190707212737j:plain

中東系テロリストがロス市内で核爆弾を爆破させようとするのを支部長のジョージが自分を犠牲にしながら砂漠地帯につっこんでわざと爆破させてアメリカ国民を守ったのが衝撃的だったシーズンです。

ネタバレ覚悟で書きますが、ジャックの妻テリーがCTU内部で殺されたところでキムはベビーシッターのバイトをしながら別居、ジャックはCTUをやめた所から話が始まるので導入のワクワク感が全シーズン内でもぶっちぎりでした。

このシーズンからシーズン5の1話まで出演した、トニーの嫁さんになるミッシェルが出てくるようになりましたね。

中盤ダレることもなく、無駄のないシーズンだったと思います。

あと、吹き替えで見ると準レギュラーで藤原啓治金尾哲夫が出演してることでこの二人の声のモブがいっぱい出てきます。

 

【2位】シーズン4

f:id:tentomushi0831:20190707213402j:plain

最初は国防長官(ジャックの彼女のパパ)が中東系テロリストに拉致され、その後に原発のシステムが乗っ取られメルトダウンが起き、さらにその後新しい大統領が搭乗したエアフォースワンが撃墜され、大統領が持っていた核ミサイル発射装置をテロリストに取られた後、そのミサイルがアメリカ市内を攻撃するのをなんとか阻止しようとするシーズンでした。

元々このシーズンで24シリーズを閉めようとしてた時のシーズンなのでテロリストが怒濤のとんでもない行動に出るのが本当におもしろかったです。特に毎話次の回が気になるようなシーズンでした。

このシーズンからシーズン6までCTU支部長として務めるビルが出てきますね。終盤の方ですが

テロリストのボスが自殺してでも作戦を遂行させようとしていたのが衝撃的でしたね。

中盤テロリストと繋がっている中国人を捉えるために中国領事館に襲撃し、その際、領事館の警備員が撃った弾で大使が死んだのをCTUの所為にされた事でジャックの身柄を中国に引き渡そうとしてた所を、トニー、ミッシェル、クロエ、デイビットの手でジャックの死を偽装したのが後々のシーズンで響いてくるのもこのシーズンの印象をよくしていますね。

 

【1位】シーズン7

f:id:tentomushi0831:20190707214136j:plain

サンガラ(架空のアフリカの国)の反政府組織がアメリカ訪問中のサンガラの大統領を殺害しにいこうとするのを、FBI職員のルネが公聴会に召喚されていたジャックをFBIに協力させ、その反政府組織とはアメリカの民間軍事会社と繋がっていたこと知った後、一時は生物兵器の使用を阻止したが、アメリカ政府内部がサンガラの反政府組織と繋がっている人間がいると情報をくれたことで味方だと思っていたトニーがミッシェルを殺された事で復讐に走っていた事を阻止するシーズンでした。

このシーズンこそはジャックが今まで平気に容疑者から情報を吐かせるために拷問していたことを公聴会で裁かれることでやっとシリーズのツッコミどころを回収してくれたことや、トニーが無敵の人になったことで復讐に走ろうとしていたり、と今までの24を見ていたファンからすれば本当におもしろくできていたシーズンだと思います。

終盤、生物兵器のガスに少し当たってしまったことで徐々に 死にそうになっていたジャックをシーズン5で決別するようになってしまったキムが幹細胞治療の為に帰ってきてくれた事でなんとかジャックが生き延びれた、という締め方が特によかったです。

 

はい、とまぁこんな感じでしょうか。

24は全24話でシーズン9もあるので全部見るのにかなり時間がかかりますが、毎シーズン映画のようなスケールで非常に話が凝っていておもしろいシリーズです。

皆さんも夏休みのように長期休暇で暇が出来たなら見てみてもいいかもしれません。今なら月額いくらの動画見放題のサービスでなら大概全シーズン見れるようになってると思います。

それでは、終わり。